特許製法による次世代赤れんが技術
「QBB(クイック・ビルド・ブリック)」

様々なカラーバリエーション

 

色彩自由自在!オーダーメイドカラー

QBBは一般的なレンガの色だけでなく、あらゆる色を作り出すことができます。 オーダーメイドの特注色も承りますので、他にはない唯一のオリジナルカラーレンガで外壁を彩ってみませんか?

オーダーカラーレンガ詳細ページへ
↑弊社オンラインショップへ移動します

 

『QBB』とはQuick Build Brickの略。
Quick(早い)・Quality(品質)・Build(建てる)・Best(最高)・Beautiful(美しい)・Brick(れんが)・Basic Beginner-friendly(初心者にもやさしい)・Beneficial(有益な)・Beyond-xxx(xxxを超えた)
以上の意味が含まれる。

京れんがの性能

QBBは独自開発製法により、製造過程でのゴミや廃材を極力減らした、環境にもやさしいエコロジーな商品です。

 

接着剤で貼るだけ!誰でも出来る簡単施工

れんがの貼り方参考写真既存の壁にタイル用接着剤を塗り、押し付けるように貼るだけで、誰にでも簡単に味わいのあるレンガタイル貼りの壁面施工が可能です。

レギュラーサイズとハーフサイズの2種類のれんがで様々な工法による並べ方が再現可能です
レギュラー&ハーフサイズ

レギュラーのみ レギュラー&ハーフ混合

※写真は一例です。他にも様々なバリエーションがあります

 

経年により少しずつ風合いが変化し、味わいが増していく特殊加工を施しています
QBBは特殊な製法により、今までの素材では難しかった経年劣化による風合いの表現を可能にしました。
年月が経つにつれ、より雰囲気のある素材に変化します。

時間を経て風合いが変化したQBB

 

QBBの耐火性能

耐火性能実験

火であぶっても変化のないQBB
QBBは素材の一部に発泡スチロールを含んでいますが、直接炎であぶっても燃えません。 また、専用接着剤で貼り付けた壁面の燃焼実験でも、炎による影響は見られません。

 

京都府北部に位置する舞鶴市には、明治34年(1901)の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁に伴い、海軍が建設したものを中心に多くの建造物が現存し、風雪を経た赤れんがはエキゾチックな雰囲気をかもし出しています。
舞鶴市立赤れんが博物館の建物は明治36年(1903)に旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫として建設されたもので、本格的な鉄骨構造のれんが建築物としてはわが国に現存する最古級のものとされています。

(※舞鶴市立赤れんが博物館解説より抜粋)

この歴史的にも重要な文化財である赤れんがを、京都府の名物としてもっともっとアピールしていきたい…そんな想いから『京れんが 京都煉瓦舎(旧名:舞鶴赤れんが工房)』は誕生しました。
日本の近代化遺産である煉瓦を、エコロジーに配慮した最新の特許製法で開発し、世界に発信することを目標に、スタッフと共に日夜奮闘しています。

舞鶴赤れんが倉庫